>  > 充実感は自分も関係しているなと

充実感は自分も関係しているなと

風俗でどれだけ充実感を得られるのかは、自分自身も関係しているんじゃないかなと思いますよ。風俗嬢の子ばかりにあれこれ要求するんじゃなくて、自分自身でもある程度協力的になったりだとか、女の子にリクエストしたり。女の子だって「はい、あとお願いね」なんて言われても困るだけだと思うんですよね。女の子にあれこれ言うのはかえって失礼って思っている人もいるかもしれませんが、何も言わずに後から「もっとこうして欲しかった」なんて言われる方が女の子としても「もっと先に…」って話ですよね。だから自分は風俗では女の子とのコミュニケーションも重視しています。伝えるべきことを伝える。その際も高圧的に伝えるんじゃなくて優しく伝えるよう心掛けていますね。特に自分はガタいが良いので高圧的になるとますます恐怖感を与えてしまいます。その点で少し気を使うだけで女の子が頑張ってくれるんです。決して悪い話ではないんじゃないかなと思いますよ。

恋人が出来たのは風俗のおかげ

恋人が出来たのは実は風俗のおかげでもあるんですよ。いわゆるワンナイトラブでちょっと女の子が出来た時、風俗で鍛えた技の数々を披露。いつも風俗では女の子を攻める側だったので、女の子を攻めるのは慣れていました。更に言えば、風俗の子は百戦錬磨じゃないですか。それに比べたら普通の女の子を感じさせるのなんて造作もありませんでした。その時、相手の女の子を一晩で何度もイカせたんですよ。そうしたら「これだけ満足させられたのは初めて」って。それがきっかけで付き合うことになったんですよ。だからこそ、風俗で日頃「練習」していたからこそですね。風俗の女の子でいわばたくさん練習させてもらっていたようなものだし、風俗の女の子にはあれこれ聞けるじゃないですか。「ここはどう?」みたいに。実践ではあまり聞けないものの、自分は場慣れしているので簡単にイカせられました。「プレイボーイなの?」なんて疑われましたけど、風俗で経験を積んだのは秘密にしておきます。

[ 2015-04-26 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ